単語を複数繋げる場合の命名規則「◯◯ケース」について(キャメルケース・キャメルケース・ケバブケース)

f:id:ryoutaku_jo:20190907143806p:plain

【結論】

・キャメルケースは単語の先頭を大文字して繋げる。変数名の先頭を大文字にするアッパーキャメルケース(例:hogeCase)と小文字にするローワーキャメルケース(例:HogeCase)がある。

・スネークケースは単語同士をアンダースコア( _ )で繋げる(例:hoge_case)

ケバブケースは単語同士をハイフン( - )で繋げる(例:hoge-case)

【目次】

【本題】

変数名に複数の単語を用いたい場合

変数名を決める際、変数の役割を明確にする為に、複数の単語を用いたい場合があります。

但し、ただ単語同士を並べるだけだと、どこまでが一つの単語なのか不明確になり、逆に分かりづらくなります

(例:hogecase)

その為、単語毎の区切りを明確に表す必要があります。

その区切り方に一貫性が無いと可読性が落ちてしまう為、命名規則を設ける必要があります。

その命名規則は「◯◯ケース」という名前で、いくつかの種類が存在します。

今回は、それらを紹介します。

キャメルケース

キャメルケースとは、単語の先頭を大文字にして繋げる命名規則です。

全ての単語の先頭を大文字にするのがアッパーキャメルケースもしくはパスカルケースと呼ばれています。

アッパーキャメルケースはRubyPythonなどで良く採用されています。

ApplicationController

ActiveRecord

先頭の単語を小文字にするのがローワーキャメルケースと呼ばれます。

ローワーキャメルケースはJavaJavaScriptなどで良く採用されています。

hogeCase

fugaCase

スネークケース

スネークケースとは、単語同士をアンダースコア( _ )で繋げる命名規則です。

C++などで良く採用されています。

hoge_case

fuga_case

ケバブケース

ケバブケースとは、単語同士をハイフン( - )で繋げる命名規則です。

チェインケースとも呼ばれています。

HTMLのidやclassなどで良く採用されています。

hoge-case

fuga-case

なお、ハイフン( - )は、プログラミング言語の中ではマイナスに相当するので、使えない場合が多いです。

Rubyの場合、以下のようなエラーになります。

hoge-fuga = 1
# => NameError (undefined local variable or method `hoge' for main:Object)

参考情報

命名規則 (プログラミング) - Wikipedia

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

ファイルアップロード関連の自動テストを追加した。
アップロード後のファイルの中身まで検証できるように実装を試みたが、別ウィンドウで開いた内容を検証しようとするとReadTimeoutエラーとなってしまった。
調査したところ、シングルスレッドでは実行できないようで、手に余る為、一旦リンクが正常に生成されているかだけ検証することとした。
中身を検証できる方法が見つかれば差し替えたい。

なお社内勉強会では、基本情報の出題範囲である加算器の問題が出されたが、全く解くことが出来ず、かなり焦りを感じた。
IF文の記述をリファクタリングする際など、実務でも活用できる余地がある基本的な知識なので、試験までには理解しておきたい。

学習開始からの期間 :273日
今日までの合計時間:2563h
一日あたりの平均学習時間:9.4h
今日までに到達すべき目標時間:2493h
目標との解離:70h
「10,000時間」まで、

残り・・・「7437時間!」