メモリについて

f:id:ryoutaku_jo:20190821020400p:plain

【結論】

・メモリとは、プログラムやデータを記録する装置(主記憶装置

読み書き可能で電源を切るとデータが消えるRAMと、基本的に読み込みのみ可能で電源を切ってもデータが消えないROMと分類される

・RAMには安価で大容量のDRAMと高速なSRAM、ROMには読込だけの可能なマスクROMと読み書き両方出来るPROMといった種類が存在する

【目次】

【本題】

メモリについて

メモリとは、コンピュータにおいてプログラムやデータを記録する主記憶装置の役割を担う装置です。

メモリが無いとCPUはプログラムやデータを読み込むことが出来ない為、コンピュータに欠かせない装置です。

メモリには用途に合わせていくつか種類が存在します。

RAMとROM

メモリは、RAMROMの二種類に分類されます。

それぞれ以下の様な特徴があります

RAM

  • 読み書き両方に対応
  • 電源が切れるとデータが消える(揮発性
  • 一般的なコンピュータの主記憶装置として用いられる

ROM

  • 読み込みのみ可能
  • 電源が切れてもデータは残る(不揮発性
  • 家電製品の様に決められた動作しか実行しない場合に用いられる

RAMのDRAMSRAM

RAMは、DRAMSRAMの二種類に分類されます。

それぞれ以下の様な特徴があります

DRAM

  • 安価だが低速
  • コンデンサ電荷を蓄えてビット情報を記憶する関係で、定期的に内容を再読み込みするリフレッシュ動作が必要
  • 主記憶装置として用いられる

SRAM

  • 高価だが高速
  • コンデンサ電荷を蓄えてビット情報を記憶する関係で、定期的に内容を再読み込みするリフレッシュ動作が必要
  • 小容量のキャッシュメモリとして用いられる

ROMのマスクROMPROM

ROMは、マスクROMPROMの二種類に分類されます。

それぞれ以下の様な特徴があります

マスクROM

  • 読み込みのみ可能
  • 製造時にデータを書き込み、それ以降はデータを変更できない
  • 家電製品の様に決められた動作しか実行しない場合に用いられる

PROM

  • 読み書き両方に対応
  • 書き込み出来るが、ROMの技術をベースにして開発されたのでROMの名称が付いている
  • SDカードなどに用いられる

参考情報

基本情報技術者の勉強 メモリ - 基本情報技術者合格のための勉強法まとめブログ

コンピュータの内部を探る:基本情報技術者試験講座(2) - @IT

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

先日CTOより、各機能に対する説明が不足していて、それぞれのページで何が出来るのかが分かりづらいという点を指摘いただいた。
それを受けて、各ページに配置する為の機能説明文を作成している。

特徴的な概念や機能が多いので、万人に伝わりやすい説明を考えるのは非常に難しい。
他サービスも参考にしているが、中々参考になるものが見つからない。
例えば「Backlog」にも「スペース」という特殊な概念が登場するものの、その説明文は使ったことが無いユーザーからすると理解するのは難しいと感じた。
B向けサービス共通の課題だという印象を受けている。

機能名やデザインの工夫だけで、それが「どういった機能なのか?」ユーザーが仮説を立てやすくするのが理想だと考えている。
しかし、それにも限界があるので、マニュアルを完備したり、チャットなどのサポート体制を用意するのは必須だと考えている。

また、根本的な「分かりづらさ」は解消されないと、操作方法を確認するのが煩わしくなって、ユーザーの離反を招く懸念が残る。
その為、サポートと並行して、以下の様な事を地道に繰り返すしか無いのだろうと考えている。

・エンジニア以外からレビューを受ける
・ユーザーからアンケートを取る
・自社サービスをユーザーとして利用する
・他社のB向けサービスに多く触れる
・UI/UXを体系的に学んで、最適解を取り込む

学習開始からの期間 :256日
今日までの合計時間:2421h
一日あたりの平均学習時間:9.5h
今日までに到達すべき目標時間:2338h
目標との解離:83h
「10,000時間」まで、

残り・・・「7579時間!」