GPL(GNU General Public License)について

f:id:ryoutaku_jo:20190725014302p:plain

【結論】

GPLGNU General Public License)とは、フリーソフトウェアオープンソースソフトウェアを配布(頒布)する際の、利用条件を定めたもの。

・ソフトウェアを誰でも自由に使用/改変/再配布することを認めている(商用可)。MySQLなど、多くのソフトウェアのライセンス形態として採用されている。

・再配布にはソースコードの公開が必要だが、自身のシステムに組み込んで、インターネット上のサービスとして提供する分には、その義務は無いと思われる(解釈で見解が分かれ、トラブルの原因になる事もある為、断定は避けます)

【目次】

【本題】

GPLについて

GPLとは、「GNU General Public License(GNU一般公的使用許諾 )」の略で、ソフトウェアを配布(頒布)する際に、利用者に対して利用条件を定めたものです。

オープンソースライセンスには、多くの種類が存在しますが、その中でも非常に有名でものになります(有名どころだとMySQLでの採用実績あり)

なお利用条件については、「コピーレフト」の考え方に沿っています。

コピーレフトについて

コピーレフトとは、著作権者が著作権保有したまま、二次的著作物も含めて、すべての人がソフトウェアを利用・再配布・改変できなければならないという考え方である。

二次的著作物も含めてなので、元のソフトウェア(GPLを採用)を改変して再配布する場合、同じコピーレフトの考え方に基づいて公開する必要があります。

これにより、著作物の利用の自由を維持し続けることを保証します。

また、すべての人が対象なので、商用利用でも同じ考え方が適用されます。

コピーレフト - Wikipedia

WEBサービスに組み込む場合

なお、これらの規約は、ソフトウェア自体を第三者に再配布する際に適用されます。

自身(自社)のWEBサービスに組み込んで、それを公開して利用する分には適用されません。

この辺りについては、以下の資料に詳しく記載されていました。

GNU GPL v3 解説書:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

参考情報

MySQL - データベースのライセンスについて|teratail

OSSのライセンスを理解する(「使用」と「利用」の違い、知っていますか?) - Qiita

GNU GPL v3 解説書:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

https://wa3.i-3-i.info/word13200.html

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

本日も障害対応にあたったが、先日CTOからアドバイスいただいた通り、ログを深く読み解けば、概ね原因が特定できたので、改めてファクト収拾の重要性を実感した。

しかし、ここ最近エラーが散見されるので、新機能の実装時にレビューを丁寧に行うのはもちろんのこと、既存コードも隙間時間で読み進めて、未然にエラーを防いで行きたい。

また、クライアントとの対応では、私の確認不足で、先方に誤った情報を伝えてしまい、混乱を招く場面もあった。

障害対応中という事で、慎重に回答を吟味することを怠った事が原因だと考えている。

サービスの信頼性を貶める結果に直結する問題なので、即時回答が困難であれば時間に猶予を貰うなどして、回答は細心の注意を払って行います。

それと、機能レビュー時に画像アップロードでエラーが発生してしまい、全ての挙動を見せられないというトラブルが起きた。

別ブランチをマージした際の差分によるエラーだったが、障害対応やライセンス調査など複数問題が重なり時間に余裕が無い中、無理に実行する必要は無かったと考えている。

週一のレビューは非常に貴重なので、今後はレビューでバグが発生しない様に、直前の修正は巻き戻し可能な範囲で実施したい。

学習開始からの期間 :229日
今日までの合計時間:2201h
一日あたりの平均学習時間:9.7h
今日までに到達すべき目標時間:2091h
目標との解離:110h
「10,000時間」まで、

残り・・・「7799時間!」