ユーザーに仮登録を行わせる理由

f:id:ryoutaku_jo:20190614040929p:plain

【結論】

・会員登録の過程で、本登録用のリンクを記載したメールを送る(サイトへ必要事項を入力するだけで会員登録が出来ない)のには、いくつか理由がある

・一つは、悪意あるユーザーの不正登録を防ぐ為。もう一つは、ユーザーのメールアドレスに正常にメールを送れるのを確認する為。

・とはいえ、手順が複雑化してユーザーの離脱を招く恐れがある為、現在はソーシャルログインなどを活用して、メール認証の手順を省く努力がなされている。

【目次】

【本題】

Webサイトでの会員登録の手順

多くのサイトでは、会員登録を行う際に、以下のような手順を踏みます。

1:ユーザーに対してメールアドレスの入力を要求

2:そのメールアドレスに対して本登録用のリンクを記載したメールを送信

3:リンクから遷移した先のフォームに必要事項を入力

4:本登録が完了

なぜ、いきなり本登録の画面に遷移さえず、メール送信を経る必要があるのでしょうか?

今回は、その理由をまとめました。

不正登録を防ぐ

まず第一に、不正登録を防ぐという理由が上げられます。

もし、メール受信を経ずに、ページ上での必要事項の入力だけで会員登録が完結してしまうと、際限なくアカウントを作成する事ができます。

これにより、アカウントを不正利用されてしまう恐れがある為、手順を複雑にする事で、そういった不正登録を防ぐという理由です。

メールアドレスが有効か確認する

もう一つは、メールアドレスが有効か確認する為です。

ユーザーがメールアドレスを間違って入力してしまった場合、そのユーザーとの連絡手段が無くなってしまいます。

そうすると、緊急の要件が伝えられませんし、キャンペーンなどのお知らせも送る事ができません。

なので、メールアドレスを受信させる手順を経る事で、ユーザーの登録したメールアドレスが正常に受信できる状態にあるのか確認をしています。

面倒さへの対処(ソーシャルログイン)

とはいえ、こういったメール認証を経るのは、手順が増えるのでユーザーに敬遠されてしまい、会員登録のハードルを上げてしまいます。

なので、昨今はソーシャルログインによる会員登録の簡略化が図られています。

また、アプリであれば端末情報を読み込んでユーザーを識別する事もできるので、最近は会員登録不要で利用できるアプリも増えてきています。

参考情報

仮登録メール送信後の落とし穴 ユーザーを逃さないために覚えておきたいこと:MarkeZine(マーケジン)

メールアドレス登録を求めるアプリは古い!スマホ時代のユーザー登録の考え方 | スマートフォンアプリ開発会社ディレクターブログ

登録完了メールを送る~メールアドレスの認証の必要性 | 一からWebサービス&アプリを作る日誌!

Webサービス開発で知らないと損する!登録フォームでユーザーを逃さないのために必要な5つの手法 | Webロケッツマガジン

サイトの仮登録の意味について -最近あるサイトを利用しようと情報登録- その他(パソコン・スマホ・電化製品) | 教えて!goo

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

本日、来週リリース予定のサービスの本番環境の構築(初期データ投入)が完了し、いよいよ日の目を見るところまで来た。

現在の会社に入社し、そろそろ3ヶ月が経つが、エンジニアにキャリアチェンジして、初めて開発に携わったプロダクトが世に出るというのは、非常に感慨深い。

この3ヶ月は、何も分からないところからスタートして、終始、先輩にフォローして頂きっぱなしだが、入社当初と比べれば格段にスキルが上がっていると実感している。

同時期にエンジニアへ転職した友人から、なかなかコードを書かせて貰えないという話を聞く中、エンジニア成り立ての新人を、入社当初から新規開発案件にアサインして、多くの機能実装を任せて頂けたので、本当に良い経験が出来て、非常に有り難く感じている。

一方で、先輩方が、活発に意見を出し合って、主体的に開発に取り組まれている中、いまだに与えられたタスクに手一杯な自身の実力不足に非常に歯がゆさを感じている。

引き続きエンジニアとしてのスキルを高めるとともに、ユーザー志向を意識して、日々の開発で得た気づきをもとに、現状の課題を見出して、サービスをブラッシュアップさせていきたい。直近は、やや突貫的に機能を組み込んだ影響などで悪化しているUX面の向上が課題だと考えている。

また、先日CTOと1on1でお話しした自然言語処理を用いた類似投稿の抽出やレコメンド機能などは、エンジニアになるきっかけとなった非常に興味のある分野なので、かなり先の話になると思うが、必ず習得して、業務で活用する。

学習開始からの期間 :188日
今日までの合計時間:1823h
一日あたりの平均学習時間:9.7h
今日までに到達すべき目標時間:1717h
目標との解離:106h
「10,000時間」まで、

残り・・・「8177時間!」