はてなブログでGItHubの草を晒す方法(GitHubのContributionについて)

f:id:ryoutaku_jo:20190523220234p:plain

【結論】

GitHubのContributionは、GitHub上の活動状況を可視化したもので、活発に活動している方が評価される傾向にある

・Contributionは緑色のバーで可視化される事から、積極的にContributionを行う事を「草を生やす」と表現されたりする

・Contributionは、「Commits・Pull requests・Code review・Issues」のいずれかのアクションで反映される

【目次】

【本題】

GitHubのContributionについて

GitHubにプッシュすると、Contributionとして、活動状況が可視化されます。

f:id:ryoutaku_jo:20190523223023p:plain

上記は私のContributionです(就活が上手く行かず、調子を落としていた頃がスカスカ😅)

この様に、緑色のバーで表現されることから、積極的にContributionを行う事を「草を生やす」と表現されたりします。

f:id:ryoutaku_jo:20190523222836p:plain

なお、Contributionは、「Commits・Pull requests・Code review・Issues」のいずれかのアクションで反映される

積極的に技術力向上に励んでいる目安になる

やはりエンジニアとして実力を高めていく為には、実際にコードを書く事が重要です。

なので、このGitHubでのContributionは、積極的に技術力向上に励んでいると評価されるバロメーターとされやすいです。

流石に毎日プッシュするというのは厳しいかもしれないですが、できる限りコードを書く事を習慣とする為に、自身のContributionを晒すことにしました。

はてなブログでの晒し方

では、本題のはてなブログGItHubの草を晒す方法を解説します。

まず、管理画面より「デザイン」を選択します。

f:id:ryoutaku_jo:20190523224115p:plain

次に「カスタマイズ」タブの中にある「サイドバー」を開き、「+モジュールを追加」を選択します。

f:id:ryoutaku_jo:20190523224344p:plain

モジュールを追加のメニューから「HTML」を選択し、タイトルと下記のHTMLのコードを入力します。(ryoutakuとしている部分は、自身のGitHubのアカウント名に置き換えて下さい)

f:id:ryoutaku_jo:20190523224621p:plain

<div class="github-link">
  <i class="fab fa-github-square"></i>
  <a href="https://github.com/ryoutaku" target="_blank"> ryoutaku </a>
</div>
<a href="https://github.com/ryoutaku" target="_blank">
  <img src="https://grass-graph.moshimo.works/images/ryoutaku.png?rotate=90">
</a>

これで、Contributionがブログに表示される様になります。

f:id:ryoutaku_jo:20190523224815p:plain

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

今までAPIが、言葉としての意味は理解できても、開発において、どういった文脈で使われているのか?どういった機能を表しているのか?という事が、いまいち理解できていなかったが、実際に自身で実装する経験を通して、その概念を理解できた。やはりプログラミングに関しては、実践を通してでないと、本質的な理解は難しいのだと、改めて感じた。

学習開始からの期間 :167日
今日までの合計時間:1622h
一日あたりの平均学習時間:9.8h
今日までに到達すべき目標時間:1525h
目標との解離:97h
「10,000時間」まで、

残り・・・「8378時間!」