YAMLについて

f:id:ryoutaku_jo:20190512192303p:plain

【結論】

YAMLとは、構造化されたデータを文字列として扱う為のデータ形式の一種

・拡張子は.yml

Railsではconfigディレクトリ配下の各種設定ファイルなどで用いられている

【目次】

【本題】

YAMLとは

YAMLとは、構造化されたデータを文字列として扱う為のデータ形式の一種です。 構造化と言ってもピンっと来ないと思いますが、下記の様な階層構造をイメージすると良いと思います。

f:id:ryoutaku_jo:20190512203135p:plain

これをYAMLで表すと下記の様な記述になります。

大項目:
  中項目1:
    小項目1:
    小項目2:
    小項目3:
  中項目2:
    小項目4:
    小項目5:
    小項目6:

なお、ファイルの拡張子は.ymlです。

利用シーン

Railsではconfigディレクトリ配下の各種設定ファイルに用いられています。

config/datebase.yml

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  username: root
  password:
  socket: /tmp/mysql.sock

development:
  <<: *default
  database: test_development

test:
  <<: *default
  database: test_test

production:
  <<: *default
  database: test_production
  username: root
  password: <%= ENV['DATABASE_PASSWORD'] %>
  socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

config/locales/views/ja.yml

ja:
  common:
    button:
      sign_up: サインアップ
      log_in: ログイン
      log_out: ログアウト

参考情報

プログラマーのための YAML 入門 (初級編)

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

GWでかなり無茶をしたせいか、この土日は全く学習も開発も進まなかった・・・

改めて、やる気に頼る学習プランは危険であると痛感した。

しかし、ブログでのアウトプットに関しては、やる気の有無に関わらず、続ける事が出来ている。

この事からも、いかに多くのタスクを習慣化させて行けるか?が今後のスキル向上の鍵になると考えている。

習慣化には時間を要するので、早めに次の習慣化に取り組んで行きたい。

学習開始からの期間 :156日
今日までの合計時間:1515h
一日あたりの平均学習時間:9.8h
今日までに到達すべき目標時間:1425h
目標との解離:90h
「10,000時間」まで、

残り・・・「8485時間!」