アプリケーションの監視とは

f:id:ryoutaku_jo:20190406212547p:plain

【結論】

・アプリケーションは公開後、
 パフォーマンスやセキュリティなどの面で
 様々な問題に直面する

・それらに速やかに対処できる様に
 問題が発生した際に直ぐに察知できる様にするのが
 アプリケーションの監視である

・アプリケーションの監視には
 様々なツールが用いられている。

【目次】

【本題】

アプリケーションを安定して運用する為に

アプリケーションは公開してユーザーに使って貰う中で
思わぬ問題に直面する場面があります。

例えば、アクセスが集中してレスポンスが遅くなったり、
更新により脆弱性が生まれて、セキュリティ上のリスクが発生するなどがあります。

また、ただ動作すればそれだけで良いという訳でもなく、
コスト削減できているか?マネタイズしているか?
というビジネスの観点からのチェックも必要になります。

そこで行われるのが、アプリケーションの監視です。

アプリケーションの監視とは

アプリケーションの監視とは、アプリケーションが
レスポンスを返すまでの処理時間などを時間帯別に計測したり、
障害が発生した時に直ぐにそれを察知できる様にする事で、
アプリケーションを安定して運用する為の行為です。

アプリケーションの監視には、
様々なツールが用いられています。

私の勤めている会社では、
「New Relic」というツールを導入していました。

New Relicについて

リクエストの数や、コントローラ単位での処理時間の計測や、
売上の情報などを取得させてマネタイズの状況を計測したりと
一通りのサービス監視が行えるサービスです。

ZOZOやドワンゴ社なども導入している様な
有名なサービスの様です。

www.slideshare.net

www.slideshare.net

www.slideshare.net

正直、監視の概念自体を全く理解できていないので、これから勉強して行きます。

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

学習開始からの期間 :120日
今日までの合計時間:1134h
一日あたりの平均学習時間:9.5h
今日までに到達すべき目標時間:1096h
目標との解離:38h
「10,000時間」まで、

残り・・・「8866時間!」