SQLとは

f:id:ryoutaku_jo:20190320183650p:plain

【結論】

SQLとは、リレーショナルデータベースの
 データの登録/検索/更新/削除といった
 操作を行う為の言語

SQLは、データを定義する「DDL」と
 データを操作する「DML」に分類される

SQLは、どの種類のリレーショナルデータベースに
 対しても基本的に同じ文法で操作が行える

【目次】

【本題】

SQLについて

SQLとは、リレーショナルデータベースの
データの登録/検索/更新/削除といった操作を行う為の言語です。

リレーショナルデータベースとは、 関係データベースとも呼ばれており、
Excelなどの表の様な形式でデータを管理しています。

f:id:ryoutaku_jo:20190321165802p:plain

上記の様な一つの表形式のデータのまとまりを テーブルと呼称します。
そして、行と列が交差する一つのデータを レコードと呼称します。

DDLDML

SQLは、データを定義する「DDL」と
データを操作する「DML」に分類されます。

DDL(Data Definition Language)
CREATE・・・データベースやテーブルの作成
ALTER・・・データベースやテーブルの更新
DROP・・・データベースやテーブルの削除

DML(Data Mainipulation Language)
INSERT・・・データの登録
UPDATE・・・データの更新
DELETE・・・データの削除
SELECT・・・データの検索

SQLは、どの種類のリレーショナルデータベース
MySQLPostgreSQL、SQLliteなど)に対しても
同じ文法を使って操作を行う事が可能です。

《今日の学習進捗(3年以内に10000時間に向けて)》

学習開始からの期間 :103日
今日までの合計時間:970h
一日あたりの平均学習時間:9.5h
今日までに到達すべき目標時間:941h
目標との解離:29h
「10,000時間」まで、

残り・・・「9030時間!」