ローカルでのDockerの環境構築について

f:id:ryoutaku_jo:20190226200355p:plain

【結論】
MacOSでローカルにDockerの環境を構築する場合、
 Homebrew Caskでインストールする方法と、
 公式サイトから直接ファイルをダウンロードする方法がある


【目次】


【本題】

前回の続き

この記事の続きです。

ryoutaku-jo.hatenablog.com

今回は、 Dockerの環境構築を進めていきます。
※ちなみに、実行環境はMacOSです。

Dockerのインストール

調べて見るとHomebrew の拡張である Homebrew Cask を使っても
インストールが出来る様なのですが、使い方が良く分からなかったので、
公式サイトから直接ダウンロードする方法で試しました。

www.docker.com

まず上記の公式サイトにアクセスします。
そして右上の「Get Started」へアクセスします。

f:id:ryoutaku_jo:20190226194104p:plain

次に、ダウンロードするファイルを選択します。
(今回は、Download for Macを選択しています)

f:id:ryoutaku_jo:20190226194144p:plain

ファイルをダウンロードするには、ログインする必要があるので、
「Please Login To Download」より、ログイン画面へ飛びます。

f:id:ryoutaku_jo:20190226194435p:plain

アカウントが無い場合は、「Create Account」から
サインアップ 画面に飛びます。

f:id:ryoutaku_jo:20190226194713p:plain

ID・メールアドレス・パスワードの入力と
利用規約への同意に関するチェックを行った後、
Sign up」をクリックします。

f:id:ryoutaku_jo:20190226194855j:plain

登録確認メールが届くので、そちらを確認します

f:id:ryoutaku_jo:20190226195013p:plain

登録確認メールのリンクから、ダウンロードページに飛びます。
f:id:ryoutaku_jo:20190226195052p:plain

「Get Docker」をクリックし、ファイルをダウンロードします。

f:id:ryoutaku_jo:20190226195128p:plain

ダウンロードしたファイルを開き、
アプリをアプリケーションフォルダにコピーします。
f:id:ryoutaku_jo:20190226195214p:plain

アプリケーションフォルダにコピーした
Dockerを起動させます。

f:id:ryoutaku_jo:20190226195303p:plain

メッセージの内容を確認して先に進むと
パスワードの入力画面が表示されるので、PCのパスワードを入力します。

f:id:ryoutaku_jo:20190226195330p:plain

f:id:ryoutaku_jo:20190226195344p:plain

f:id:ryoutaku_jo:20190226195426j:plain

下記の画像の様に、「 Docker is now up and running!」と表示されれば、
Dockerの起動は完了です。

f:id:ryoutaku_jo:20190226195534p:plain

念の為、ターミナルから「docker version」を実行し、
バージョンが正しく表示される事を確認します。
下記の様に表示が出れば正常にインストールされています。

f:id:ryoutaku_jo:20190226195739p:plain



《今日の学習進捗》

Dockerの勉強と、就活対策。
企業分析や履歴書の作成など、プログラミング以外の活動が最近メインになってきている・・・
意識してコードを書く時間を確保しないと!

学習開始からの期間 :81日
今日までの合計時間:812h
一日あたりの平均学習時間:10.1h
今日までに到達すべき目標時間:740h
目標との解離:72h
「10,000時間」まで、

残り・・・「9188時間!」