株式会社div代表取締役( TEC::EXPERT創業者)のトークイベントに参加して来た

f:id:ryoutaku_jo:20190123211250p:plain

【結論】
・市場価値の高いエンジニアになるには、技術力も必要だが、
 ユーザーに使って貰えるサービスを作るスキルも必要
フリーランスで仕事を獲得したければ、
 いかなる手段も行使する覚悟で臨む必要がある


【目次】

【本題】

トークイベントに参加した

スクールのカリキュラムも終わったので、
外部との交流・情報収集の機会を増やす為、
最低でも週1で、スクール外の勉強会などに参加することにしました。

その第一弾という事で、TEC::EXPERT創業者の
真子就有さんのトークイベントに参加して来ました。

tech-camp.in


事前準備

イベントに参加するにあたり、
何を得たいのか?といった目的を明確にしたのと、
質問をいくつか考えておきました。


目的:
市場価値の高いエンジニアになる為の、最短プランを計画する参考情報を得る

ポイント:
どういった技術を習得すべきか?
どういったキャリアを積めば良いか?
どういった資質を伸ばすべきか?
どういった習慣を改めるべきか?
どの様にアピールすべきか?
どこでアピールすべきか?

質問:
・エンジニアとして、この人には敵わないと思った方はいらっしゃいますか?
 いらっしゃれば、その理由もお聞かせいただけますでしょうか
・一緒に仕事がしたいと思えるエンジニアには、どういった特徴がありますか
・一緒に仕事をしたく無いと思えるエンジニアには、どういった特徴がありますか
・エンジニアとして一番の失敗談は何でしょうか
・エンジニアとして一番の成功談は何でしょうか
・携わったサービスで最も思い入れのあるものは何でしょうか。
 また、その理由もお聞かせください。
・市場価値の高いエンジニアになる為に、最も重要な能力とは何でしょうか
・ご存知な中で、最も高収入のエンジニアは、いくら貰っているでしょうか。
 また、どの様な業務を担当していたでしょうか。
・優秀なエンジニアを探すとしたら、どの様に探されますか?
・どの企業でも共通して、エンジニアに求められていることは何でしょうか?
・どの程度のスキルを持っていれば一人前のエンジニアと言えますか?
・最新技術トレンドを把握する為に、どういった工夫をされていますか
・自社以外に、凄いと思えるIT企業はありますか。
 また、それはどういった点でしょうか
Google/Apple/Facebook/Amazonであれば、どの企業が好きですか?
・エンジニアとしての「こだわり」はありますか
・これまで読んだ技術書で最も印象に残った物は何でしょうか
・エンジニアとしてキャリアを積む上で、読んだ方が良い本はありますか
・エンジニアとして仕事をする中で、最も評価された事は何でしょうか
・最も注目している技術は何でしょうか
・私の質問多いですか

「質問100個あります!」と言いたかったのに、
20個しか思い付かなかった・・・


トーク内容

●未経験から人月100万の案件をこなすまでの経験談
映画「ソーシャルネットワーク」に感化してプログラミングを勉強しだす

独学するも挫折

ITベンチャーインターン

先輩が怖過ぎて質問しづらい

開発コンテストに参加

自身で作ったサービスに
1000万円投資すると言ってくれる人が
現れて自信を持つ

ザッカーバーグへの憧れが捨てきれず、起業

月7万円の収入で生活
親に借金をして会社を維持

徐々に仲間が増えて、開発が進む

初めてのサービスリリース
当初はアクセスが伸びるも、直ぐに成長が止まる

後3ヶ月で資金が底に着くところまで追い込まれ、
コーティングの受託を開始

とにかく知り合いに仕事をくれと声を掛けまくる

初めに獲得した仕事は20万円
但し交渉の結果、50万円に

納期ギリギリで炎上することも

1年後には、月80万を安定して稼げる様に
MAXで月300万も

● テクノロジー教育事業を始めた理由
自身が独学で苦労をして、
独学でのプログラミング学習は困難だという考えに至り、
独学で苦しむ人を減らす為にサービスを立ち上げる

● 受託案件を獲得する方法
とにかくあらゆる手段を行使する
・知り合い全てに声を掛ける
・企業のコーポレートサイトに問い合わせる
クラウドソーシングサービス全てに登録する・・・など

● 案件獲得時に評価されるスキルについて
技術力もそうだが、ユーザーに使われるサービスを
構築する力も必要(UI/UX、0→1、要件定義、マーケット感覚)
一つの案件を丸ごと任せられる人が強い。

● 未経験からテクノロジー業界へ転職する際に押さえておくべきポイント
未経験でも転職可能だが、全くスキルが無いとそれなりの仕事しか回って来ず、
結果スキルアップが遠のく。一定以上のスキルを身に付けるべき。

また、自身の作成したWEBサービスGitHubのコードは高評価の材料になる。

総括

特に目新しい話は無かったですが、
ユーザーに使われるサービスが評価に繋がるというのは
改めて意識させられた。

後、超駆け足だったので、一つしか質問できなかった・・・
てか、周り一切質問しなかったのは、何をしに来たんだろうか・・・

とにかく、今後も知見を広げる為、現場のエンジニアや起業家の方から
お話を伺える機会を増やしていこうと思います。

《今日の学習進捗》

Railsチュートリアルは膨大過ぎたので、
Ruby on Rails 5 アプリケーションプログラミング」を読んで
Railsの仕組みを復習する。

学習開始からの期間 :47日
今日までの合計時間:467h
今日までに到達すべき目標時間:429h
目標との解離:38h
「10,000時間」まで、

残り・・・「9533時間!」