「ストレングス・ファインダー」による自己分析

f:id:ryoutaku_jo:20190121234011j:plain

【結論】
・就職活動において自己分析に基づく
 自己PRは非常に効果的
・特に未経験の場合、スキルが無い為、
 自身の人柄をいかにアピールするかが重要
・手始めに「ストレングス・ファインダー」で
 自己分析を行ってみた

【目次】


【本題】

自己分析はじめました

本日、未経験から自社開発をしている企業に内定が決まった方と
たまたまお話しする機会がありました。

そこで就職活動の中で、
一番工夫されたことは何かお伺いしたところ
「自己分析」
だと言われました。

自己分析を元に、自身の能力や価値観を明確に伝えたところ、
社長のハートを射止めて、内定を頂けたとのこと。

最近までスキル開発ばかり注力してきて、
その辺りがおざなりだったので、
これを機に自己分析も進めていきたいと考えました。

ストレングス・ファインダー

自己分析の手始めとして、
「ストレングス・ファインダー」のウェブテストを
受けることにしました。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4532321433/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4532321433&linkCode=as2&tag=heartlabjapan-22www.amazon.co.jp

これはインターネット上で簡単なテストを受けることで、
34の資質の中から、自身の上位5つを割り出してくれるというものです。

かなり昔に受けたことがあるのですが、
記憶が曖昧なのと、価値観にも変化があるかもしれないと
考えたので、改めて受け直すことにしました。

結果

結果は、以下の通りでした。
1. 未来志向 ・・・未来と未来にできることを心に描くことで、ひらめきを得ます
2. 学習欲 ・・・学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます
3. 着想
・・・新しいアイデアを考えるのが大好きです
4. 指令性 ・・・状況の主導権を握り、決断を下します
5. 慎重さ ・・・決定や選択を行うときに細心の注意を払います

それぞれについて、自身の行動を元に考察して
自己PRにまとめていきたいと思います。

未来志向

未来と未来にできることを心に描くことで、ひらめきを得ます

私は、未来について想像することが大好きです。
今、この世に無い新しい価値を創造することにこそ、
やりがいを見出しています。

だからこそ、最新の技術開発に携われる自社開発の企業に
入ることを目指しています。

そしてそれを実現させる為であれば、困難に立ち向かう事も辞さないです。

今、毎日平均10時間以上は学習し、毎日ブログでアウトプットしていますが、
未来を思い描くことが、継続する為の活力に繋がっていると思えます。

確か以前に受けた時も、これが一番上位だった筈なので、
私の価値観の根底と言える部分だと言えます。

この資質により、自分の思い描く未来と、現在の方向性が一致している限り、
根気強く物事に取り組むことが出来ると考えています。

学習欲

学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます

先ほども説明した通り、毎日多くの学習をこなしていますが、
学習自体を苦に感じることが無く、むしろ楽しさすら覚えているのは、
この資質によるものだと感じます。

前職でも、本を読んで新しいノウハウを学んだり、Excelを独学したりなど、
自主的に勉強する機会が多かったですが、業務に活かそうという気持ちより、
新しい発見によって好奇心が満たされることに喜びを感じていたことの方が、
強い動機になっていたと考えています。

この資質によって、新しい技術を習得する際にも、
速やかにキャッチアップすることが出来ると考えています。


着想

新しいアイデアを考えるのが大好きです

仕事でも学習でもそうですが、マニュアル一辺倒のやり方が嫌いで、
必ずもっと良い方法があるだろうと模索し続ける傾向にあります。

前職で言えば、毎月かなりの時間を要して作成していた
クライアントへの業務報告書を、Excelで数値を自動的に集計し、
分析を行える様にして、作業時間を短縮させる取り組みなどを行っていました。

また、自分のアイデアが問題解決に繋がることが楽しかったので、
前職では直接関係の無い別チームの打ち合わせに参加して、
色々アイデアを出したりもしていました。

これは、積極的に新しい知見を取集したり、
チームに反映させるのに役立つ資質だと考えています。


指令性

状況の主導権を握り、決断を下します

私は、自分の考えが誰よりも優れているという根拠を持っている場合は、
他人と意見が対立することを恐れないです。
それが、より良い成果に繋がると確信しているからです。

なので、前職でも良く議論を巻き起すことがあり、
飲みの席などで上司に「お前は頑固だ」と説教された事もありましたが、
結果的にその行動は高く評価されていました。

この資質よって、仕事に対して受け身ではなく、
主体的に取り組むことが出来ると考えています。

慎重さ

決定や選択を行うときに細心の注意を払います

私は、何かを決める時、それによるリスクを
きちんと把握した上で、判断する傾向にあります。

但し、ここ最近の私の行動は、
およそ慎重さと掛け離れた物に見えると思います。
・退職後、半年間、海外を放浪する
・帰国してからプログラミングスクールを探し、
 翌日に申し込んで、1週間後から受講を開始する
・東京に上京するにあたっての賃貸を内覧せず決める…などなど

他人から見ると考え無しの様な行動を取っていますが、
これらも私の中ではリスクの検討が完了しており、
それを許容した上で、決断しています。

リスクを正確に把握した上で、それを許容して行動に移せることは、
私の強みの一つだと言えるでしょう。

総括

どれも自分に良く当てはまる内容で腑に落ちました。

一方で「バーナム効果でそう感じてるだけでは無いのか?」と
疑って掛かっている気持ちもあるのは、
「慎重さ」の資質の裏付け何でしょうかね(笑)

バーナム効果:誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、
自分だけに当てはまる性格だと捉えてしまう心理学の現象

大まかな自身の強みを知れたので、
ここから更に掘り下げていきたいと思います。

《今日の学習進捗》

Railsyチュートリアルを進めようと思ったが、
今習得したいことに対して無駄が多いと感じ、中断。
アプリを作りまくる方針に転換。

学習開始からの期間 :45日
今日までの合計時間:447h
今日までに到達すべき目標時間:411h
目標との解離:36h
「10,000時間」まで、

残り・・・「9553時間!」