vimを使うことにした話

f:id:ryoutaku_jo:20190106204911p:plain

【結論】

  • vimとは、テキストエディタの一種
  • 操作性が特殊だが、素早い編集が可能
  • エディタからDBの操作が可能と聞いて、飛びつく

 

【目次】

 

 

【本題】

Vimとは  

・高機能なテキストエディタ

キーボードのみですべての操作が可能

・他のエディタとは操作方法がまるで異なるため、

 一通りのテキスト編集作業ができるようになるまで慣れが必要

・しかしながら、一旦慣れてしまえばメモ帳などとは

 比較にならないほどのテキスト編集速度を得ることができる

https://ja.wikipedia.org/wiki/Vim

 

導入するキッカケ

テキストエディタは、これまでSublime Textを使っていて、

特に支障も無く、変える気は無かったです。

 

切っ掛けは、データベースに興味を持って色々調べる中で、

vimであれば、SQLクライアントを使わなくても、

直接エディタからリレーショナルデータベースを操作出来る

という情報を目にした事です。

 

今後、エンジニアとして活動していく上で、

データベースの扱いに長けるのは強みになりますし、

何より興味がある分野なので、直ぐに飛びつきました(笑)

 

慣れるのに時間が掛かるなら、早いうちから

始めた方が良いだろうということで、今日から使うことにしました。 

 

下準備

Macの場合、ターミナルで「$ vimと入力すれば

直ぐに使えるので、とりあえず試す分には、

用意するものはありません。

 

操作方法については、下記を中心に学びました。

 

・公式のチュートリアルを実施

(ターミナルで「$ vimtutor」と入力すると始まる)

 

・ドットインストールで「vim入門」を全て視聴

https://dotinstall.com/lessons/basic_vim

 

 

感想

使ってみた感想ですが…

ややこしい!(でも面白い…)」

 

 

 

一つ一つのコマンドを覚えるのが大変ですが、

確かに慣れれば、編集速度は劇的に早くなるだろうな

というのは実感しました。

 

しばらく使ってみて、使い勝手をレビューしたいと思います。

 

《今日の学習進捗》 

アプリのビューが完成。

ただ、ちょこちょこイジっては、思うように配置出来なかった部分は、

posstionとtop bottom left right で、無理矢理に微調整するという

荒技で乗り切ったので、コードは他人に見せられるレベルでは無い…

 

フロントエンドを蔑ろにし過ぎた…

 

学習開始からの期間 :30日
今日までの合計時間:269.0h
今日までに到達すべき目標時間:274.0h
目標との解離:-5.0h

 

10,000時間」まで、

残り・・・「9731時間!」