フリーランス志望の理由

f:id:ryoutaku_jo:20190102210504p:plain

 

【結論】

・私がフリーランスのエンジニアを志望する理由は下記の3つです

 ・市場視点を意識し続けられる(意識せざる得ない)

 ・様々なスキルを獲得できる(獲得せざる得ない)

 ・困難だからこそ挑戦してみたい

 

・但し、フリーランスそのものに拘りは無く、

 上記を満たせれば、どの様な雇用形態でも問題ない。

 

・強制力が無いと動けない人間だと自覚しているので、

 自分を追い込む選択肢が、自身の成長の為に最善。

 

 

【本題】

私は、プログラミングの学習開始当初から、

フリーランスのエンジニアを志望しています。

今回は、私自身がそれをきちんと意識して活動できる様に、

理由をまとめることにしました。

 

ちなみに、私はフリーランスの対極は、正社員であると考えており、

それを前提に話を進めます。

 

 

理由1:市場視点を意識し続けられる

私は、社会で働く上で、

何事も「市場視点」で考えることが重要だと考えています。

「市場視点」で考えるとは、

「市場」が、どういった物・サービス・人材を求めているのか?

という観点で、物事を考える事です。

 

正社員として会社に所属する場合、その市場視点が薄れる事を危惧しています。

なぜなら、市場との直接の接点が少なくなるからです。

(特に専門職であるエンジニアの場合)

 

現に、前職(非エンジニア)で正社員として働いていた時、

仕事に自信が付いて、自分は仕事が出来ると調子に乗り出したタイミングで、

他社共同の勉強会に参加したり、クライアント先の社長と食事に行ったりすると、

自分の勉強不足を痛感する場面が多々ありましたが、

そう思って奮起しても、結局長続きしませんでした。

 

それは、会社に戻ってしまえば、市場から直接評価される事は無く

会社(直接的には上司)の評価が良ければ、それで満足してしまうからです。

 

私は、環境の影響を受けないまま、自分を律し続ける事は不可能だと

自覚しているので、常に市場を意識せざる得ない環境に身を置こうと考え、

フリーランスを選択肢として決めました。

 

勿論これらは、会社外部と交流を多く持てば、防げるとも考えています。

 

また、組織の整っていないベンチャー企業や、

外資系の様な経営判断の早い会社であれば、

市場の反応次第で、直ぐに組織が再編されますから、

常に市場を意識していられるとも考えています。

 

なので、これだけが理由ではありません。

 

 

理由2:様々なスキルを獲得できる

一つの現場で長く働けば、その現場で通用する技術は身につくかもしれませんが、

それ以上の技術の獲得は困難だと思っています。

 

なので、エンジニアの方は、休日や仕事終わりに勉強して

スキルを身に付けていらっしゃるのだと思いますが、

実践する場が無ければ、スキルは身に付かないと考えています。

 

但し、一つの職場であれば、

様々な技術を実践するというのは難しいかもしれません。

その為に、副業をするという方法もありますが、

副業を認める会社も、増えているとはいえ、まだ少数派だと思えます。

 

だからといって転職するとしても、3年以内で職場を転々とするというのは、

「信用」を大きく毀損してしまうのでは無いかと考えています。

 

なので、様々な職場でスキルを実践する機会の持てるフリーランスは、

有力な選択肢になると考えています。

 

但し、一つの職場でも、積極的に新しい技術を

取り入れようとしているところはありますし、

先ほどの副業も、認めるところは多くなっています。

 

なので、これも核心をつく理由では無いですね。

 

 

理由3:困難だからこそ挑戦してみたい

そっちの方が面白そうだからです(笑)

色々考えたら、これが本質だと、書きながら自覚しました!

 

 

 

 

 

正直、正社員・フリーランスに拘りは無かったのですが、

「未経験のフリーランスなんて、何処も貰い手が無い」とか、

フリーランスは甘く無い」とか、厳しい書き込みを見ると、

逆に燃えてきて、「じゃあ、フリーランスになってやんよ!」

決めたの思い出しました。理由1・2は、完全後付けです(笑)

 

なので、

挑戦できる環境であれば、

どこでも拘り無かったです!!

(タイトル詐欺)

 

 

以上、やっぱりブログは良いですね!自分の考えがまとまる!

《今日の学習進捗》

スクールの課題であるチャットアプリの製作中。

HamlもSassも書き方が慣れないから、めちゃくちゃ時間が掛かる…

 

学習開始からの期間 :26日目
今日までの合計時間:233.0h
今日までに到達すべき目標時間:237.4h
目標との解離:-4.4h

 

10,000時間」まで、

残り・・・「9767時間!」