読書

「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」から学ぶ「スクラム」について

【結論】 ・スクラムとは、アジャイル開発の一種で、「一度にまとめ」では無く「少しづつ」作ることで、不確実性に対処する開発手法 ・スクラムでは、短い期間(1週間など)で、設計〜開発〜リリースを実施して、それを繰り返す ・スクラムは、経験主義を基…

「SINGLE TASK」を読んで、生産性の低いマルチタスクを脱却する

【結論】 ・マルチタスクは、集中力を低下させ、生産性を低下させる ・高い集中力を維持して生産性を高めるには、シングルタスクを徹底して実践するしか無い ・あらゆる場面でシングルタスクを実践し、ささやかな例外(マルチタスク)も認めてはならない 【…

「Clean Coder」から学ぶプロのエンジニアの思考

【結論】 ・プロ意識とは、自分で責任を取ること。バグのないソフトウェアを作るのが難しいからといって、君に責任がないわけじゃない。 ・バグが無いか確認するには、あらゆる方法で何度もテストをする必要がある。 ・スケジュールや納期がある中でテストを…

「グーグルが消える日 Life after Google」を読んで改めて感じたブロックチェーンの重要性

【結論】 ・Googleは現代の世界システムの主役と言えるが、まもなくこのシステムは一掃されると著者は主張している ・その理由に、広告モデルの崩壊と、セキュリティリスクの増大が挙げられる。 ・これらの課題解決に期待される技術が、ブロックチェーンであ…

「リーダブルコード」の読書メモ2(第二部:ループとロジックの単純化、第三部:コードの再構成)

【結論】 ・条件やループなどの制御フローは出来るだけ「自然」にする。コードの読み手が立ち止まったり読み返したりしないように書く ・巨大な式を分割する為に「説明変数」を利用する ・標準ライブラリの関数などを定期的に読んで、ライブラリで可能な事を…

「リーダブルコード」の読書メモ1(第一部:表面上の改善)

【結論】 ・名前を見ただけで情報が読み取れるような命名を行う ・一貫性と意味のあるスタイルでコードを整形する ・コードから直ぐ読み取れる事はコメントしない。コードを理解するのに役立つものにコメントする 【目次】 リーダブルコードとは 第1章:理…

「ストレングス・ファインダー」による自己分析

【結論】 ・就職活動において自己分析に基づく 自己PRは非常に効果的 ・特に未経験の場合、スキルが無い為、 自身の人柄をいかにアピールするかが重要 ・手始めに「ストレングス・ファインダー」で 自己分析を行ってみた【目次】 自己分析はじめました スト…

「エンジニアの知的生産術」を活かす

【結論】 ・ゴールは明確に設定する ・知りたいこと(やりたいこと)から学習する ・今必要なことだけ学習する(YAGNI原則) ・タスクを一つに絞る/時間を区切る(ポモドーロ) ・忘れたタイミングで復習する ・シンプルに分けて覚える ・本は段階別に読み進…